外観も優雅なアウトドアリビングの間取り実例|カバードポーチの建築費用や家具選びのポイント

カバードポーチが住まいの外観を引き立てる~おしゃれなアウトドアリビングのある家

通りを歩いているとパッと目を引くおしゃれな住まい。

サーファーズハウスや海外の映画やドラマに登場する、屋根の覆いがある空間「カバードポーチ」は、外観がおしゃれで家族や隣人と集まって過ごすのにも楽しいスペースです。

カバードポーチのようなアウトドアリビングは、自然の光や風の恩恵を受けることができ、庭をつくりづらい土地環境であっても格子やフェンスをつけて、道路や近隣住民からの視線や雨を遮ることのできるおすすめの場所です。

今回は、趣味や団らんが楽しめるアウトドアリビング・カバードポーチの魅力と注意ポイント、真似してみたい実例とデザインづくりのコツをご紹介していきます。

ちょっと贅沢で豊かな暮らし・空間づくりの参考にしてみてくださいね。

 

コラムのポイント
  • 外観にもいいおすすめのアウトドアリビング・カバードポーチの魅力に迫ります。
  • おしゃれで快適なアウトドアリビングの実例や注意ポイントを見ることができます。
  • 理想的なカバードポーチのデザインづくりや家具選びのコツをご紹介します。

 

 

1.アウトドア気分で優雅なセカンドリビングのある暮らし

デッキを囲う柵が外観のおしゃれを演出する~セカンドリビングで風と光を楽しむ暮らし

近年、わざわざ遠くに出かけなくても、手軽にアウトドアが楽しめる家づくりが人気を集めています。

満足のいく住居スペースを確保しながら、アウトドア空間も取り入れられるアイデアあふれる間取りづくりをあれこれと検討している方も多いのではないでしょうか。

まずは、アウトドアリビングの基本を押さえて、よりご家族の暮ら方に合った空間スタイルを探し出してみましょう。

 

 

①アウトドアリビングとは?

アウトドアリビングは、中庭やテラス・バルコニーなど、住まいに連結した屋外空間で、家に居ながら身近に自然の空気や景色が手に入る場所として「セカンドリビング」や「内と外をつなぐ特別空間」などと呼ばれています。

また、その使い道も自由でリビングのようにくつろいだり、ダイニングのように食事をしたりする場所として活躍する他に、お子様やペットの遊び場、ガーデニング、BBQ、プールを楽しむ空間としてもおすすめです。

人気のグランピングのような感覚で、アウトドアをおうちで楽しんでみるのもおしゃれですよね。

 

 

②アウトドアリビングをつくるポイント

アウトドアリビングづくりのポイントは、ただ開放的な庭やバルコニーと違い、プライバシーがよく守られていることです。

中庭であれば壁に、テラス・バルコニーであれば格子やフェンスに、また屋上であれば高さがご家族のプライバシーを確保してくれるように、屋外の開放感と屋内のプライバシーがちょうどいいバランスの空間がアウトドアリビングの魅力なのです。

 

 

 

自然の移ろいや心地いい風を感じながら過ごせるアウトドアリビング。屋外の開放感と屋内のプライバシーを確保するためには、レイアウトや設計デザインに工夫が必要になります。

おしゃれで快適なプライベートアウトドア空間をお考えなら、こちらのコラムも参考にしてみてください。

 

 

 

2.おしゃれな外観をつくるアウトドアリビング・カバードポーチ【実例】

和モダンの住まいにもマッチするカバードポーチ~内と外をつなぐ特別空間

それでは、おすすめのアウトドアリビングの1つ、おしゃれな外観づくりにも役立つカバードポーチのある新築実例を見てみましょう。

 

 

①玄関ポーチとウッドテラスがつながる

茨城の輸入住宅の建築実例(外観)~アメリカンスタイルの家(不二建設)

「煙突のある」おしゃれな家の外観を引き締めるかっこいいカバードポーチの実例です。

広大な土地に建つアメリカンな住まいを思わせる、ウッドテラスを取り込む屋根と木材の囲いが優雅な雰囲気を醸し出しています。

玄関まわりとリビング側のテラススペースは、それぞれ外から見える印象を大切にして使い道を分けるのもいいでしょう。

 

 

 

②屋根付き趣味スペースがおしゃれ

海外の優雅な雰囲気漂うカバードポーチ~屋根付きのテラス空間は使い勝手もいい

庭にせり出したデザインのカバードポーチには、アウトドア家具を配置して贅沢なカフェテラスのような空間に仕上げました。

リビング続きの屋根付きスペースで、室内からの景色もおしゃれで、急な雨にも対応できる便利なスペースです。

2階バルコニーとデザインを合わせた白のフェンスが、洗練された輸入住宅の良さを主張しています。

 

 

 

③開放感とプライバシーのバランスがいい

生活の中心となるLDKから見える外の景色もカバードポーチでコントロール

カバードポーチは、リビングやダイニングといった室内からの眺望にも影響を与えます。

通りを歩く隣人からの視線をゆるやかに遮りつつ、室内からの開放的な視界は楽しめる安心のデザインです。

外観スタイルはもちろん、窓から見えるおしゃれなフェンスと自然の景色との組み合わせが「絵」になる、一石二鳥の外構アイデアです。

 

 

 

③外観のデザインがより魅力的になる

白のフェンスで囲まれた住まいの外観はおしゃれでありながらプライバシーの確保にも貢献

カバードポーチのテラス・バルコニー空間のインテリアや屋根、格子・フェンスのデザインは、外観の印象に大きく影響します。

おしゃれなアウトドア家具を置いたり、屋根や格子・フェンスのデザインにこだわったり、シンプルなのにセンスのあるリゾートライクな住まいが完成します。

 

 

 

おしゃれでかわいい・スタイリッシュでかっこいい優雅な印象が魅力の欧風スタイルの住まい。

都会の土地にも郊外の土地にも似合うおすすめのスタイルです。輸入住宅や海外スタイルの住まいに興味がある方は、ぜひこちらのコラムも参考にしてみてくださいね。↓

 

 

 

 

 

3.便利でかっこいいアウトドアリビング・カバードポーチをつくるコツ

玄関とリビングのタイルテラスを一体化させた平屋の外観。2つのアーチで可愛い雰囲気に

日本で海外風のかっこいいアウトドアリビング・カバードポーチをつくるコツや注意すべきポイントを解説しましょう。

 

 

①1階の床面積に制限が出る?

広めのポーチを希望する場合は、その分1階の床面積が制限される可能性もあります。

しかし、リビングとカバードポーチとつなぐ大開口の掃き出し窓を配置すれば、実際よりも開放的で広々としたリビング空間の確保にもつながります。

室内の居住スペースとアウトドアリビングの理想的な広さバランスを考えて検討するとよいでしょう。

 

 

②建築費用はどれくらいかかる?

新築でカバードポーチをつくる場合、新築費用に加え10㎡あたり約50万円前後の建築費用が目安です。

ポーチ全体に使用する素材やデザインによって、コストも変わるので事前に確認が必要です。

 

 

③南側のレイアウトが理想的

カバードポーチをつくる場合、東西に屋根をかけて日当たりのいい南側に玄関+カバードポーチを設けるスタイルが基本です。

住まいの正面に広めスペースがとれれば、安定感のある贅沢なデザインに仕上がりやすくなります。

 

 

④雨や光の入り具合を見て奥行きを決める

カバードポーチは、アメリカンな印象のデザインですが、実は四季のある日本の気候にとっても相性が良く、日本家屋の縁側のような役割で、室内と屋外をゆるやかにつなぐ中間エリアです。

また、カバード屋根の雨の吹き込みや夏の直射日光を避ける構造を活かして、快適な室内環境が守られるちょうどいい加減の奥行きを設定します。

奥行きが広すぎると逆に陽の光が室内に届かなくなるので、約1.8m以内を目安に検討するとよいでしょう。

 

 

⑤外観デザインを意識する

海辺のサーファーズハウスやアメリカ・カルフォルニアスタイルの外観をつくるなら爽やかな白のフェンス、ヨーロッパ風の建物や田園風景に似合いそうな外観の住まいには木造の格子やフェンスがマッチします。

理想の家づくり・外観テーマに合った色や素材を使ったデザインのカバードポーチを選びましょう。

 

 

⑥家具やアウトドアアイテムもトータルコーディネート

カバードポーチをつくることで外観の重心が下がり、外からの視線が自然とフェンスまわりに集まります。

そのため、こだわりの家具やアウトドアに使うアイテムをインテリアのようにコーディネートすることで、よりデザイン性のある楽しい空間に仕上げることができます。

 

 

 

新築注文住宅で、豊かな暮らしおしゃれな内外観を実現させるためには、建築費用はもちろん理想のデザインや生活動線にいいレイアウトなど、トータルにコーディネートすることが大切です。

シンプルなのにスタイリッシュで贅沢さも楽しめる住まいづくりのポイントは、ぜひこちらのコラムを参考にしてみてください。↓

 

 

 

4.快適なアウトドアリビングをつくる家具選び

プライベートテラスで楽しむBBQや団らん~アウトドア家具を置いたままで華があるのも魅力的

 

 

①外観が変わる優雅なベンチ

アメリカンカジュアルの雰囲気を楽しむなら、ポーチにおしゃれなベンチやハンモック、ブランコなどを置いて印象的な空間を演出するのもおすすめです。

 

 

②テーブル&チェアで食事も楽しめる

いつでもお客様を招けるカフェテラスのようなテーブルやチェア、ファブリックを揃えて、自然の光や風を感じながらリラックスできる空間をつくるのもいいでしょう。

休日の朝食やランチを楽しむスペースとしてもきっと重宝するのではないでしょうか。

 

 

③趣味・アウトドアグッズもよく似合う

シンプルな柱とフェンスで構成されるポーチなので、大型の趣味・アウトドア用品を飾りながら収納するのにもおしゃれな空間です。

また、趣味やアウトドアの内容によって、ポーチの素材を選ぶのもポイントです。

一般的なウッドデッキの他、タイルやコンクリート、樹脂製の素材など、実用性やメンテナンスの効率を考えて選びましょう。

 

 

 

 

 

5.まとめ~外観もライフスタイルも充実させるおしゃれなアウトドアリビング

カバードポーチは、プライベートでありながら半分屋外というカフェテラスのようなおしゃれ空間です。

輸入住宅やアメリカンスタイルの住まいによく見られるデザインで、ヨーロピアンでかわいい雰囲気の外観から、サーファーズハウスのようにカジュアルでかっこいい外観までさまざまです。

テラスの上部を覆った屋根もポーチを囲うフェンスも、そこで過ごすご家族の楽しみや心地良さを守ってくれます。

ぜひ、たくさんの実例を参考に、おしゃれで楽しい暮らしをデザインする家づくりを満喫してください。

 

 

茨城でおしゃれなアウトドアリビングのある注文住宅を建てるなら不二建設にお任せください

県南で3,000棟の施工実績のある当社は、総勢12名の設計士が、あなたの要望を形にする「完全自由設計」の家づくりをしています。こだわりの家づくりを予算に応じて最適なコスト配分できる詳細見積を提示。高気密・高断熱・ソーラーパネルなどの省エネ設備でランニングコストも安くする「高性能住宅」で、世代を超えて快適な理想の暮らしを実現します。理想の住まいをイメージをしていただきやすいように、龍ケ崎、つくば、守谷にモデルハウス、ショールームをご用意しています。専任の設計士が、お話を伺いながら最適なプランご提案します。ぜひお気軽にお越しください。

Showroom龍ケ崎ショールーム「マイホーム発見館」

画像をクリックするとGalleryが開きます
名 称:龍ケ崎営業所
所在地:茨城県龍ケ崎若柴町2240-797
連絡先:0297-60-2311
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model Houseつくばモデルハウス

画像をクリックするとGalleryが開きます
名 称:つくば営業所
所在地:茨城県つくば市研究学園6丁目51-1つくばハウジングパーク内
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model House守谷モデルハウス

画像をクリックするとGalleryが開きます
名 称:守谷モデルハウス
所在地:茨城県守谷市本町241-1総合住宅展示場 守谷住宅公園内
連絡先:0297-47-0300
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Modelroom龍ケ崎モデルルーム(リノベマンション)

画像をクリックするとGalleryが開きます
名 称:龍ケ崎モデルルーム
所在地:茨城県龍ケ崎市若柴町2993-1
連絡先:0297-65-5205
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから
モデルハウス、ショールームのご予約はこちらから。