家事楽の家

家事が楽になる家づくり
家事楽を実感する
4つのポイント

動線計画を大切に

point1動線計画を大切に
適材適所に収納を

point2適材適所に収納を
家族みんなが使いやすい提案

point3家族みんなが
使いやすい提案
みんなが集まるリビング

point4みんなが集まる
リビング

point1動線計画を大切に

動線には「家事動線」「生活動線」「来客動線」といった種類がいくつかあります。動線よい家は、それだけで家事の時短やストレスフリーにつながります。今回は家事のしやすい家を作る家事動線について、プランや実例を紹介します。

  • 水回りの配置と回遊動線

    キッチンの横に洗面脱衣室、そして奥に浴室があり、ドア1枚で行き来ができます。料理をしながらお風呂にいる子どもの様子を伺う…なんて状況でも慌てずにすみます。さらに、キッチンから洗面室を通り、トイレ、リビングと、ぐるりと一回りできる「回遊動線」にもなっています。これによって、行き止まりがなく、両方向から部屋に行けるので、より家事効率がアップします。

    水回りの配置と回遊動線
  • 玄関からキッチンまでの動線
    玄関からキッチンまでの動線

    食材を購入した時、玄関からパントリ―、キッチンにつながるプラン例。食材を最短ルートで収納できるので重い荷物の時も重宝します。勝手口がない場合はゴミ出しもしやすいので時短につながります。

  • 洗う→干す→たたむ→しまう の動線

    洗濯から干すまでのことは考えていても、たたんで収納するまでの動線を考えていないと家事楽にはなりません。洗濯機の近く干す場所、しまう場所があれば効率アップにつながります。ファミリークロゼットを併設すれば、衣類からタオルまで全て1か所で完結してとっても便利。

    洗う→干す→たたむ→しまう の動線

point2適材適所に収納を

収納は十分あるのにリビングにモノがあふれてしまう…。これを解決するには、物を使う場所にその物の収納場所を作ってしまうこと。使ったら定位置に戻す、という動作がスムーズになれば、家族全員が片付けるようになります。そうなれば、自然と部屋は散らからなくなり、掃除も楽になります。

  • キッチンの収納例

    キッチンの収納例
    キッチンに必要な調理道具を入れる場所を決める、調理機器は調理中に利用しやすい場所を把握してコンセントを適所に設置。以外と忘れがちなのがゴミの置き場です。調理道具、食器、食材、ゴミをストックするスペースを確保しましょう。

  • 衣類の収納例

    クロゼットは奥行きを70cm位にして奥に重ねるように収納しないことがポイント。
    中身がすべて見渡せるようにして、必要な衣服がすぐに見つかるようにすると、使う、しまうが時短になります。

    衣類の収納例
  • 消耗品
    消耗品

    食材はパントリー、タオルはリネン収納、トイレットペーパーはトイレ収納と消耗品は、使用する場所の付近に見えるようにストックしておくと、必要な時に買い足すことができるので無駄な買い物をせずに便利です。

point3家族が暮らしやすい提案

家事楽のポイントに時間短縮とストレスのない生活

2人で使える洗面室

2人で使える洗面室
洗面カウンターの広い洗面化粧台にすることで、2人で利用できます。混みあう時間帯も効率よく使えます。

回遊できるシューズクローク

回遊できるシューズクローク
玄関の隣に作る土間収納。沢山の靴を収納する以外にもベビーカーやゴルフバックなど室内に置きたくないものを収納するのにとても便利。さらにシューズクロークから直接ホールに上がれる2WAYにしておくと、シューズクロークの使いやすさがさらに向上します。

室内干しに最適なランドリースペース

室内干しに最適なランドリースペース
共働き世帯の増加や花粉対策などから需要の多い室内干しですが、狭い空間で室内干しをすると湿度が高くなるため、24時間排気を行う洗面室や専用にランドリースペースを設けることがおススメです。

リビング収納+カウンター

リビング収納+カウンター
家族みんなが使えるリビング収納を設けることで勉強道具や文房具、プリンターやWIFI基地などを一カ所に集約できるのでリビングがすっきりします。さらにカウンターを設けて勉強や仕事、趣味などに家族みんなで使えて便利。

point4家族の集まるリビングをつくる

家族の集まるリビングをつくる
家族が自然と集まるリビングとは、家族全員が唯一集まるお部屋といってもいい大切な場所。ここで家事をしている姿を見せることで家族の家事への協力を自然と促します。