ペットと暮らす家!注文住宅の間取り工夫とアイディア

ペットは大切な家族です。家を新築するなら、人とペットが気持ちいい暮らしができる家づくりをしたいですよね。犬や猫には、それぞれ気持ちがいいこと、危険なことも違いますので、一般的な家づくりと違った間取りの工夫も大切です。そこで、今回はペットと暮らす家、ペットと一緒に暮らしを楽しむ間取りの工夫やアイディアをご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

ペットと暮らす家の快適な間取り

ペットとの暮らしはかけがえのない喜びがあります。ペットは家族の一員、人生のパートナーとも言えます。毎日の散歩や掃除はもちろん、外出時のペットの暮らしも考えておく必要があります。新たな生活様式に対応した家づくりとともに、ペットと一緒に年齢を重ねながら、お互いに楽しく快適に暮らせる間取りの家づくりをしていきましょう!

 

玄関から水回りの動線をシンプルに

新しい生活様式でも、玄関から室内にウィルスやほこりを持ち込まない手洗い動線を考慮した間取りを考慮する必要があり、ペットと暮らす家も同様です

 

犬と暮らす家は、玄関に様々な工夫が必要です。散歩に出かける際にリードやハーネスをつける場所、帰宅時に足を拭きやすい広めのスペースがあるといいですね。リードをかけておく場所、お散歩グッズの収納も必要ですね。散歩から帰って浴室やトイレに直行ということもあるでしょうから、水回りとの距離も近い方が安心です。

また、ペットが帰宅時に玄関に出迎えてくれると嬉しいですよね。でも、ペットも嬉しさのあまり、お客様に急にとびかかってしまうこともあるので、ペットフェンスが設置できる玄関ホールにしておくと安心です。

 

 

掃除、換気がしやすい水回り

人もペットもきれい好きですので、トイレや洗面所の掃除や換気のしやすさが重要です。

水回りには掃除がしやすい防水仕様の床材を使うこと。ペット用トイレを置いても余裕がある広めのスペースを確保しましょう。ペットが落ち着いて用を足せるように、トイレの中のやや奥まった場所に、やや視線を遮れるような場所があると、ペットも安心できますよね。

 

 

ペットとの暮らしは安全を第一に

ペットと暮らす家のうち、室内飼いの割合は、猫が8割、犬が7割と言われます。特に、ペットが留守番をする際でも、安心して暮らせる対策が大切です。まずはペットと暮らす家の安全について考えてみましょう。

床は足腰に負担がかからない素材を使う

ペットの足の裏の肉球は、身体への衝撃を吸収するクッション材や滑り止めのような役割をしています。例えば、フローリングにワックスをかけるとつるつると滑りやすくなってしまうなど、ペットの動きやすさや足腰の負担を考えるなら、階段下やペットがいる時間が長い場所の床はクッション性のある素材、コルク材なども一案です。

 

階段は段差を低めに傾斜を緩やかに

階段はペットにとって楽しい運動場です。段差が高いと、ペットも年齢を重ねると足腰に負荷がかかりますので、傾斜をおだやかに、段差を低めにするほうがよいでしょう。人にはもちろん、ペットの肉球にもやさしい配慮です。

 

浴室のドアは内開き!

浴室はペットにとっても事故が起こりやすい要注意のポイントです。浴室のドアは、人がいる時も必ず閉める。ドアの形状は内開きの扉にすると、ペットが簡単に出入りできませんので安心です。もし、ペットが浴室に入ったとしても、湯船の蓋は必ず閉めておくこと。洗剤やシャンプーなども収納しておけば、ペットが口にしてしまうリスクが避けられます。

 

キッチンは独立型も選択肢

ペットと暮らす家は、独立型のキッチンを希望される方も多いです。独立型でなくても、簡単に出入りができないように、ペットフェンスを設置しやすい構造にしたり、段差を設けるなど、お互いに生活スペースを分けやすい工夫ができると、より安心です。

 

コンセントの工夫

コンセントの位置は、できるだけ高めにすると安心です。コンセントにはカバーを。コードで遊んだりかじったりすることもありますので、コードはできるだけ短めに。

 

窓やベランダの隙間

猫の場合、窓枠、カーテンレール、ベランダの手すりなど登ることもあります。犬でも、ベランダのフェンスの隙間はちょっと気になりますよね。落下の危険性がないようにラティスや目隠しフェンスなどで対策をしておくと安心です。

 

ペットが食べる植物、食べてはいけない植物

猫に猫草は必要ですが、食べると有害な植物もあります。猫にとっては、アジサイ科、イチイ科、キキョウ科など。犬では、ユリ科、バラ科、ナス科などそれぞれの有害な植物があります。観葉植物を置いたり、ベランダガーデニングをする際は、事前に確認しておきましょう。

 

 

猫と一緒に暮らす家の間取りの工夫

猫と暮らす家の内観自由気ままなでマイペースな猫。室内でも上下運動ができる段差が大好きです。ひなたぼっこでお昼寝したり、隙間に入って隠れたり。清潔好きで、自分の縄張り、プライバシーも大切にしています。

 

猫の身体と心の健康のためにも、上下運動ができる、キャットウォーク、キャットタワーもよいですが、段違いの作り付けの棚などがあれば、デザイン的にシンプルに、さりげなく猫ちゃんにも楽しい家づくりが実現できます。

 

猫の暮らしを優先するなら、猫ドア・猫窓・猫通路など、猫が通りたくなる見回り動線に設置すると室内でも気分転換がしやすくなります。

 

ひなたぼっこがしやすい窓際は、猫の定位置。猫にとって快適な室温は20~28℃です。ちょっと暑いかな、と思うくらいでもOKで、逆に湿気が多い環境は苦手湿度50~60%が快適なようです。

 

段差やトイレの近くに爪とぎ場があると、猫もリラックスしやすい場所が複数確保できます。なお、爪とぎ場には、爪とぎ板や麻縄などを撒いて、大切な家も養生することを忘れずに。

 

浴室はもちろん、キッチンなどへの出入りがしにくい柵、扉、スクリーンなどの工夫も必要になるでしょう。どうしてもキッチンに入りたい猫との知恵比べになる場合もあるので(笑)猫との暮らしに詳しい設計士に相談してみるとよいでしょう。

 

 

犬と一緒に暮らす家の間取りの工夫

好奇心旺盛で散歩が大好きな犬。人懐っこく、さみしがりやさんでもあります。夏の暑さは苦手ですので、しっかりと対策してあげたいですよね。

 

犬との暮らしは、散歩のしやすさが大切です。散歩から帰って、足を拭いたり、水を飲んだり、水回りが玄関周りに近い方が便利です。玄関にはリードをつなぐ場所、ハーネスをつけるスペースもほしいところです。

 

庭があるなら、ドッグランができるような直線距離があるとよいですね。子供たちと犬たちが遊ぶ姿は、ほほえましく、つい自分も仲間に入って遊びたくなってしまいます。

 

犬の肉球は滑りやすいので、床材は滑りにくい素材の方が体に負担がかかりません。犬の場合は、キッチンにはペットフェンスか、ちょっとした段差をつけてしつけをすれば生活スペースを分けやすくなります。

 

犬は暑さが苦手です。犬にとって快適な気温は22℃前後。冷房時は25~26℃にしてできるだけ27℃を超えないように。湿度40~60%程度がおすすめです。多少の暑さなら、土間があれば、ひんやりとした感触で身体を休めることができます。昨今の極端な気象変化にも対応できる、真夏でもしっかりと空調がきく、高断熱・高気密の住宅のほうが、ペットにも、私たちにもやさしい家づくりになるでしょう。

 

ペットと一緒に暮らす家の留意点

ペットと暮らす家のキッチンの間取りの工夫の実例

ペットとの暮らしは、かけがえのない時間をもたらしてくれるとともに、私たち人間との習性の違いを許容しあって生きる共生する暮らしです。

 

プライバシーを大切に

それぞれの個性の違いに折り合いをうまくつけるには、互いのプライバシーも大切にすることが重要です。ペットは、食事の時には興奮して夢中で食べますので、子供の動線とはなれた場所で食事ができたほうが安心できます。また、トイレは落ち着いた場所を好みます。お互いにプライバシーを尊重できる工夫が大切です。

 

アレルギーや臭いの対策も

また、ペットの匂いや、アレルギーのもとになるハウスダストなど、人間にとっての快適な暮らしへの配慮も重要です。現在の24時間換気でもある程度対応できますが、スムーズな換気、寒暖差の少ない室内環境、冬の陽だまり、夏のひんやりとした土間など、住宅の性能もポイントになります。エアコンや換気扇のフィルターの定期的な掃除も怠りなく!

ペットと人ができるだけ長く楽しく快適に暮らせるように、ペットと一緒に暮らす家をつくっていきましょう!

 

<関連情報>
女性設計士と叶えた自慢のカフェキッチン~輸入住宅の憧れをカタチにした猫カフェを営む店舗併用住宅
ワンルームの開放的な平屋の住まい

 

 

まとめ

ペットとの暮らしは、私たちにとってかけがえのない時間と安らぎを与えてくれます。ペットと暮らす家は、ペットの習性や個性を十分に考慮して、安全性、快適性、プライバシーも大切にした間取りなどの工夫を施し、アフターコロナの新しい生活様式にも対応した、開放的に快適な住環境が得られる住宅性能を兼ね備えた家づくりが、ペットと人が互いに安心・安全に暮らせる家づくりにもつながります。アフターコロナのペットと暮らす家は、高断熱・高気密住宅を建てる家づくりと、ペットと一緒に暮らす施主様の家づくりをサポートする経験豊富な施工実績がある工務店に相談するとよいでしょう。

 

茨城でペットと暮らす家を建てるなら不二建設にお任せください

県南で3,000棟の施工実績のある当社は、総勢12名の設計士が、あなたの要望を形にする「完全自由設計」の家づくりをしています。こだわりの家づくりを予算に応じて最適なコスト配分できる詳細見積を提示。高気密・高断熱・ソーラーパネルなどの省エネ設備でランニングコストも安くする「高性能住宅」で、世代を超えて快適な理想の暮らしを実現します。理想の住まいをイメージをしていただきやすいように、龍ケ崎、つくば、守谷にモデルハウス、ショールームをご用意しています。専任の設計士が、お話を伺いながら最適なプランご提案します。ぜひお気軽にお越しください。

Showroom
本社ショールーム
「マイホーム発見館」

画像をクリックするとGalleryが開きます

名 称:龍ケ崎営業所
所在地:茨城県龍ケ崎若柴町2240-797
連絡先:0297-60-2311
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

 

Model House
つくばモデルハウス

名 称:つくば営業所
所在地:茨城県つくば市研究学園6丁目51-1
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

画像をクリックするとGalleryが開きます

Model House
守谷モデルハウス

画像をクリックするとGalleryが開きます

名 称:守谷モデルハウス
所在地:茨城県守谷市本町241-1
連絡先:0297-47-0300
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Modelroom
龍ケ崎モデルルーム
(リノベマンション)

名 称:龍ケ崎モデルルーム
所在地:茨城県龍ケ崎市若柴町2993-1
連絡先:0297-65-5205
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

画像をクリックするとGalleryが開きます


モデルハウス、ショールームのご予約はこちらから。