茨城で平屋のガレージハウスを建てたい!理想の間取り、価格はどれくらい?

平屋のガレージハウスの外観 どっしりとした佇まいが茨城の雄大な自然に溶け込む

大好きな車やバイクをいつも眺めていたい!ガレージハウスは車好きにはたまらない憧れの空間。2~3台の駐車スペースが必要になることも多い茨城ならガレージハウスは、これからの家づくりの欠かせない選択肢になるでしょう。都市部はビルトインタイプのガレージハウスが主流ですが、自然溢れる茨城なら、ゆったりとした敷地に平屋のガレージハウスが魅力です。何といっても、そのシルエットがカッコイイ!注文住宅でガレージハウスを建てるなら、ワクワクするようなガレージスペースにしたいですね!そこで、今回は茨城でのガレージハウスを建てるポイントと建築実例をご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

 

目次

ガレージハウスの価格とタイプ

平屋のガレージハウスの内観 ガレージスペースは余裕をもった空間を確保している

注文住宅で建てるガレージのある家には、以下の3つのタイプの考え方があります。

 

分離型(隣地確保)

車庫やカーポートといった、住居とは別に駐車スペースがある場合です。車が置けるスペースの土地さえ確保できれば、住宅に隣接する位置に車を格納できますので、新築時でなくても設置できます。ガレージ本体は、既製品であれば車1台分で40万円程度からあります。基礎工事、土間コンクリート打ち、組み立て工事などが必要となり、本体以外の工事費を合わせると、1台あたり80万円~とみておくとよいでしょう。

 

ビルトイン型(増改築)

中古住宅の増改築などのリフォームの際に、1階部分を車庫の様に利用するパターンです。もともとガレージスペースでないため、開口部を広く確保したり、騒音・排気などの対策をすることになると別途費用がかかります。リフォームの費用は仕様により大きく異なりますが、1台分のスペースで数百万円程度はかかると考えておいた方がよいでしょう。後付けのビルトインガレージは新築時よりも施工費が割高になります。

 

ガレージハウス(新築)

ガレージハウスは、新築時からガレージを住居に組み込んだ住宅のことです。ガレージスペースとしては、車1台あたり間口3m~3.5m、奥行5.5m程度(約4~5坪)です。2台分のガレージにする場合は約8~10坪程度が目安です。仮にガレージ部分の坪単価が60万円~だとすると、1台~2台分で240万円~480万円程度を想定しておく必要があります。新築時からガレージを組み込んだデザインにできるため、外観のイメージも統一感があり、設計上の工夫でコストは抑えやすくなります。ガレージのある家を検討するなら、新築時にガレージハウスを建てるのがよいでしょう。

茨城で建てる平屋のガレージハウスの間取りと相場

ガレージハウスの玄関への動線の間取りの事例 引き戸で収納もたっぷり確保

では、まずビルトインガレージと、平屋のガレージハウスの間取りについて比較してみましょう。

都市部のビルトインタイプのガレージハウスの間取り

参考までに、都市部で敷地面積が限られる狭小地・変形地の場合は、2階~多層階の1階をビルトインにしたガレージハウスが主流です。主に1階がガレージと玄関、2階以上が居住スペースになります。敷地面積が狭いと、ガラス越しにガレージを眺められるリビングは設置しにくくなります。

 

郊外の平屋のガレージハウスの間取り

愛車やバイクを眺めらる平屋の間取り

茨城の郊外なら、平屋のガレージハウスや、ロフトやスキップフロアを組み込んだ2階建ての戸建てのガレージハウスが多くなります。2階建てのガレージハウスになると、1階がガレージと玄関、2階がリビングなどの居住スペースになることが多くなります。平屋のガレージハウスの魅力は、ガレージスペースとリビングなどの居住スペースを隣接させやすい点です。そのため、平屋ならガラス越しに愛車を眺めることができる、車やバイク好きの憧れの間取りが実現できます。

L字、コの字、中庭のある居住スペースを分けやすい間取り

また、家の形をL字型やコの字型にすると、中庭も設けることもでき、自然に近い暮らしも満喫しながらガレージと居住スペースの棲み分けがしやすくなります。

 

ガレージハウスの価格相場の実例~30坪、40坪の場合~

30坪の平屋+2台分のガレージ=40坪のガレージハウスの場合

仮に30坪の平屋の家に2台分のガレージ(約8坪~10坪)を確保する場合は、延べ床面積で38坪~40坪程度の平屋住宅になります。この場合、平屋の坪単価が50万円だとすると居住スペース30坪×坪単価50万円=1,500万円、ガレージスペース10坪×坪単価70万円=700万円、合計40坪のガレージハウスは2,200万円が相場となります。なお、この事例はあくまでもイメージしていただきやすいように概算としていますので、ご参考まで。

 

 

ガレージハウスの特徴を踏まえたプランニング

ガレージハウスの内観 ガレージスペースに愛車を眺められるスペースを確保した事例、車の手入れもしやすい

ガレージハウスには様々な魅力があります。いつでも愛車を眺めることができたり、手入れも好きな時にできるようになります。ガレージにいる時間が楽しくて仕方がないという方も多いでしょう。このように趣味を満喫できるガレージハウスですが、ガレージハウスならではの留意点も考慮しながらプランニングをしていく必要があります。まずはガレージハウスのメリットを確認したうえで、具体的に検討してみましょう。

平屋のガレージハウスのメリット


趣味を満喫できる

・大好きな車やバイクをいつでも眺めることができる
・天候に左右されず手入れやメンテナンスがやりたいときにできる
・ガレージのある空間が楽しめる、等

安全性が確保できる

・愛車の盗難、イタズラがされにくい
・愛車を自然災害や天候(風雨、雪氷、直射日光等)の影響から守れる
・車道で乗降や搬入搬出をしなくて済むので事故防止にもつながる、等

日々の暮らしの利便性

・車の乗降、搬入搬出時に風雨を避けられる
・玄関に直結しているので通院・介護等の乗降の際の負担が減る
・平屋は買い物などの荷物の出し入れが楽
・段差が少なくバリアフリーにリフォームもしやすい、等

多目的な使い勝手の良さ

・工房やアウトドア用品の手入れなどの趣味にも使える
・土間収納にも使える(アウトドア用品、泥付きの野菜など)
・一時的な洗濯干しスペースにも活用できる
・バーベキューなど多目的スペースとしても活用できる、等

ランニングコストの経済性

・月々の駐車場代がかからない
・毎年の固定資産税の軽減措置がある(延べ床面積の1/5以内の場合)、等

 

平屋のガレージハウスの留意点

ガレージハウスのリビングの事例 コクピットのようなおしゃれな空間
先ほどご紹介したように、ガレージハウスには様々なメリットがありますが、以下のような点に注意してプランニングする必要があります。

・敷地面積によっては居住空間が狭くなりがち
・スペースの拡張が難しいので土地取得の際に予め車の居場所を決める
・開口部を広めに確保する必要があるので強度を確保する
・ガレージ部分の建築費は割高になる
・騒音対策や排気ガスやオイル等の換気設備等が必要
・照明・防犯カメラ・シャッター等の設備の検討、等

平屋のガレージハウスであれば、ビルトインガレージのガレージハウス程は強度を気にする必要はありませんが、間口を広く確保するため強度の高い躯体は必須です。また、防音・換気対策に十分考慮して、リビングや寝室などの居住スペースと間取りを検討する必要があります。

 


 

茨城で平屋のガレージハウスを建てるための4つのポイント

では、茨城で平屋のガレージハウスを建てる際の検討のポイントはどのような点があるのでしょうか?

ライフスタイルの変化に対応できる余裕をもったプラン

ガレージハウスのガレージの内観 スペースは3台分を確保した事例

茨城は、車通勤も多く、家族構成が変わると必要となる車の台数も変わってきます。車やバイクの台数、並べ方、乗り降りのスペースなど、ドアや収納スペースの開閉が難しくならないように、余裕をもった広さを確保しておきましょう。また、将来的には車いすでも利用しやすい乗降スペースを確保したり、バリアフリーの玄関まわりの工夫も検討しておくと、より平屋のガレージハウスのメリットが活かせます。

 

車道への出入りや庫内の車の移動のしやすさ

ガレージハウスの外観 庫内・公道までの空間もゆったり確保し安全性が高い

車道の道幅や交通量、敷地面積や形状、隣家の建物や植栽との位置関係で、車の出し入れや、ハンドルの切り替えしがしやすいレイアウトが決まります。できるだけ長く安全に車のある生活が楽しめるように、車の取り回しのしやすいレイアウトは慎重に検討しましよう。

 

多目的利用がしやすいガレージ空間づくり

ガレージスペースは多目的ルームも併設して家族が楽しめる工夫

男の趣味の世界と思われがちな憧れのガレージハウス。しかし、ガレージハウスは、家族の安全を守り、便利で楽しい暮らしが実現できる家でもあります。雨の日の外出時にも濡れずに荷物の出し入れができます。特に平屋なら重い買い物袋を抱えてキッチンまで階段の上り下りもしなくて済むなど、家事動線のいい家事が楽になる家でもあります。

また、奥様に意外と好評なのが「土間収納」です。宅急便の荷物の一時置き、泥付きの野菜、アウトドア用品などの収納や、ガレージの片隅に小さなシンクがあれば汚れものも家に持ち込まずに洗うことができます。そんな家事や暮らしを考えた家族思いの間取りは工夫のしどころでもあります。もちろん車道に出なくても子供が遊べたり、直射日光を避けてバーベキューで家族や友人と楽しむことも、広めのガレージ空間を確保すれば実現できます。そんな家族が喜ぶ多目的利用がしやすいガレージ空間があれば、ご家族も納得の暮らしやすいガレージハウスになることでしょう。

 まとめ

茨城の郊外は自然も豊かで、世帯あたり車2~3台が必要になるのもめずらしくはありません。大好きな車やバイクをいつまでも眺めていられるガレージのある家は、注文住宅で新築すれば住居とガレージが洗練されたデザインで一体化でき、利便性も高い、理想のガレージハウスが建てられます。居住スペース以外に1台あたり4~5坪程度の建坪を確保できれば、平屋のガレージハウスが建てられます。平屋のガレージハウスは利便性も高く、趣味の家とも思われがちなガレージハウスが、家事もしやすく、家族も喜ぶ多目的スペースも確保できます。自然に溶け込む茨城の郊外に建てる平屋のガレージハウスなら、家族を守り、暮らしを楽しむ、憧れのガレージライフが実現できます。

 

茨城でガレージハウスを建てるなら不二建設にお任せください

県南で3,000棟の施工実績のある当社は、総勢12名の設計士が、あなたの要望を形にする「完全自由設計」の家づくりをしています。こだわりの家づくりを予算に応じて最適なコスト配分できる詳細見積を提示。高気密・高断熱・ソーラーパネルなどの省エネ設備でランニングコストも安くする「高性能住宅」で、あなたの理想の暮らしを実現します。理想の住まいをイメージをしていただきやすいように、龍ケ崎、つくば、守谷、ひたち野うしくにショールームまたはモデルハウスをご用意しています。専任の設計士が、お話を伺いながら最適なプランご提案します。ぜひお気軽にお越しください。

 

 

Model House
守谷モデルハウス

ガレージハウスのモデウルハウスです。
ぜひご来場ください。

画像をクリックするとGalleryが開きます

名 称:守谷モデルハウス
所在地:茨城県守谷市本町241-1
連絡先:0297-47-0300
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Modelroom
龍ケ崎モデルルーム
(リノベマンション)

名 称:龍ケ崎モデルルーム
所在地:茨城県龍ケ崎市若柴町2993-1
連絡先:0297-65-5205
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

画像をクリックするとGalleryが開きます

Showroom
本社ショールーム
「マイホーム発見館」

画像をクリックするとGalleryが開きます

名 称:龍ケ崎営業所
所在地:茨城県龍ケ崎若柴町2240-797
連絡先:0297-60-2311
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model House
つくばモデルハウス

名 称:つくば営業所
所在地:茨城県つくば市研究学園6丁目51-1
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

画像をクリックするとGalleryが開きます