和モダンが選ばれている理由|茨城でおしゃれなデザイン・性能で魅せる家づくり

ほっこりできる~琉球畳を採用したタタミリビング

近年、洋風志向のモダン住宅が多い中、日本の伝統的な素材の良さを現代風にアレンジした意匠性のある和モダン住宅が人気を集めています。

単に、洋風の間取りに畳や和の空間を設けるだけではなく、外観も含めて家全体をデザインする和モダン設計が、新築でもどこか懐かしい魅力で家族の新たな暮らしを楽しませてくれます。

なぜか平屋や土間玄関といったモダンでおしゃれな実例に惹かれたことはありませんか?実は、平屋や土間など日本の風土に合う和の素材や建築テイストは、デザイン性だけではなく、その機能性においても魅力があるのです。

今回は、現代的な魅力を持ったワンランク上の和モダン住宅の特徴やデザインづくりのコツ、和素材のメリット・デメリットをおしゃれな実例とともにご紹介いたします。

 

 

1.和モダンとは~外観・内観デザインの特徴と魅力

 

和モダン住宅とは、外装に瓦や漆喰の白壁、内装に無垢材や珪藻土の壁、畳、障子、襖など、伝統的な和の建具や家具をスタイリッシュにアレンジして、取り入れた重厚感や高級感のあるデザインが魅力の住まいです。日本の伝統と海外のモダンスタイルを織り交ぜた意匠性のある雰囲気が楽しめることが特長です。

また、現代の暮らしに合った間取りデザインや日本の伝統的な性能技術を活かした魅力の建築スタイルです。

それでは、人気の和モダン住宅の外観デザイン内装デザインの特徴や性能について解説していきましょう。

 

 

 

(1) 機能的で圧巻の【外観デザイン】

ダークブラウンの塗り壁が印象的な和モダンの外観

家の外観をスタイリッシュな和モダンに仕上げるなら、白や黒、ダークブラウンといった落ち着いた色味を選ぶとよいでしょう。

屋根の形状は、落ち着いた寄棟屋根やモダンなイメージが強い片流れ屋根や陸屋根にすることで、シンプルながらもおしゃれな印象に仕上げることができます。アクセント窓やドア、広い縁側があれば外からも優雅でインパクトのあるデザインを楽しむことができます。

自由設計の注文住宅で、和モダンの特徴を活かした独自のデザインと自然素材の素晴らしい機能を取り入れたこだわり設計を実現させましょう。

 

 

 

(2) 【内装デザイン】のこだわり方~建具の魅力

畳や床の無垢材、壁の珪藻土といった優しく淡い風合いの素材と格子戸や襖、障子、家具をダークでシックな色味でコーディネートすると、現代的で新しいメリハリのある雰囲気を醸し出してくれます。アクセントとなる建具や家具に意匠をこらすことでセンスのあるスタイリッシュな空間が完成します。

あえて、天井梁や木造の骨格を見せるといった大胆な設計は、和の素材を目で楽しみながら開放感も味わえるメリットがあります。

それでは、内装をデザインする和の設計や建具とそのアレンジ方法をご紹介していきましょう。

 

a. 「障子」で調節する柔らかで優しい光

和の雰囲気を楽しむのに欠かせない障子には、外からの眩しい光をほどよく調節してくれる効果があります。

和紙の安らぎや間接照明を当てた時の穏やかな味わいは、モダンな空間にほっとする癒しを与えてくれます。最近では、昔ながらの和障子から、メンテナンスのしやすいモダンスタイルの障子まで幅広いラインナップから選ぶことができます。

また、窓に取り付ける方法以外にも内障子として、和のデザインを仕切りに活用するご家庭も増えています。

 

b. 「畳」のある部屋は万能な多目的室

リビング横の多目的スペースや趣味の部屋として人気の畳のある空間。畳みのメリットは、イグサの優しい香りや肌触りで、心身ともにリラックスできるところです。

人気の琉球畳※(へりなし畳)フチ・畳の色を選んでモダンデザインに合うコーディネートを楽しむスタイルもおすすめです。

近年では、和紙や木質素材、樹脂素材を使用した畳が、カビやダニ、退色などに強い製品として注目されています。後半で解説しますが、イグサの畳には自然素材であるが故のデメリットやお手入れ・メンテナンスの必要性があります。ご家族が求める機能や暮らしに合わせて、デザインだけではなく素材から見直した新しいデザインの導入も視野に入れてみるとよいでしょう。

※琉球畳は、本来琉球表を使用した畳を指しますが、ここでは一般的に浸透しているヘリなし畳=琉球畳と表現しています。

 

c. 「格子戸」で和の重厚感を演出

格子戸は、木材を縦や横の格子状に組んだ扉や引き戸のことです。

閉塞感のないほどよい透け感や光の差し込み、風通しを調節できる、どんな場所にも合わせやすいシンプルな建具です。

スタイリッシュな黒やグレーの外観、洗練された白・ナチュラルな無垢材の内装とも相性が良く、選ぶ色味によってレトロにもモダンにも演出できます。

 

d. 「掘りごたつ」のある空間は誰もが使える便利なスペース

畳部屋や和のスペースに掘りごたつを導入するご家庭が増えています。

昔ながらの冬季に使うこたつというイメージではなく、年中使える便利な掘りごたつタイプの設計です。椅子といった家具を必要とせず、使い勝手やデザイン性の面で好まれています。

例えば、リビングの一角に設けた小上がり空間に掘りごたつをつくることで、ご家族のセカンドリビングとして活用しやすくなります。また、お子様の学習やご家族の仕事、家事スペースとしても利用しやすい万能な、新スタイルインテリアなのです。

 

 

 

2.おしゃれな和モダン住宅~外観・内装【施工実例】

レイアウトにこだわった~和モダンテイストのリビング空間

和モダンの特徴を感じるおしゃれな実例をご紹介しましょう。

 

 

 

(1) 【実例】シャープなデザインがおしゃれなスタイリッシュ和モダン

人気デザイン~ブラックの外壁とナチュラルなブラウンの玄関扉はスタイリッシュな組み合わせ

シンプルでシャープな和モダン【平屋】です。

近年の平屋づくりにおいてスタイリッシュさを演出するモダンテイストとの組み合わせは欠かせないものとなっています。ブラックで統一されたシックな外観にナチュラルなブラウンの玄関扉が映えるデザインです。

 

 

 

(2) 【実例】ブラウンと白の組み合わせがモダン~機能的な土間玄関

ナチュラルな白壁とダークブラウンのドアがおしゃれな土間玄関

明るく白い壁とダークブラウンのドアとのコントラストが美しいモダンテイストの広い玄関です。

ご家族用の入り口と来客用の入り口、シューズクロークを備えた便利な動線+収納を叶える機能的な設計です。落ち着いたトーンの玄関床が和のテイストを醸し出しています。

 

 

 

(3) 【実例】鮮やかな琉球畳が印象的~小上がりを活かした和モダン空間

鮮やかなグリーンが美しい小上がり畳スペースのある和モダン住宅

鮮やかなグリーンの琉球畳とダークトーンの1面壁がモダンスタイルとマッチした内装デザインです。

装飾や家具、建具に和の素材を取り入れつつも、モダンなデザイン・色選びをすることで意匠性のあるスタイリッシュな印象になります。

 

 

 

3.和モダン住宅のメリット・デメリット~性能編

スケルトン階段の透け感が優しい~光の差し込むデザイン階段

和モダン住宅は、日本の伝統的な美しさと現代的な機能性やデザイン性を併せ持つスタイリッシュな住まいです。

小さなお子様のいる家庭から、夫婦の家、二世帯住宅までさまざまな趣きや癒しを味わわせてくれます。自然素材に包まれた家、日本ならではの落ち着いたデザインに遊び心や現代のライフスタイルを組み合わせた意匠性が魅力の和モダン住宅。

最後に、和モダン住宅を選ぶお得なメリット注意が必要なデメリットについて紹介しておきましょう。

 

 

(1) メリット

タイルではなく墨土間仕上げとした印象的な玄関

和の家ならではの畳や無垢材の床は、癒し効果のあるイグサの香りや自然の温かみと素足でも心地よい木の感触が幅広い世代から人気です。

クッション性のある無垢材は、その安全性から小さなお子様のいるご家庭からも長年支持を集めています。

また、珪藻土や木材をふんだんに使用した家は調湿効果が高く、高温多湿の日本の風土にもってこいの素材なのです。湿度が調節できるということは、夏の蒸し暑さや冬の乾燥を快適にすることにもつながります。そのため、窓の結露や屋内のカビ発生を抑えるので、1年を通して気持ちよく健康に暮らすことができます。これは、エアコンや除湿器・加湿器といった設備費用の節約にも役立つ嬉しい機能ですよね。

 

 

 

(2) デメリット

格天井が魅力的な和室空間

和モダン住宅で使われる外壁の漆喰や内壁の珪藻土は、職人の腕によって良し悪しが出てしまうことがあります。手がける職人が減っていることもあり、信頼のおける経験・実績のある住宅会社や職人を選ぶことが重要です。

また、建具や家具に利用する天然の木材や床の無垢材など、一般的な建材よりも費用が高くなる場合もあります。間取り設計や設備費用との兼ね合いを考えながら、総合的なこだわりと予算との調節を行いながら進めることをおすすめします。

最後に、畳や障子の管理状態が悪いとカビやダニ、畳離れ、障子紙のシミ、破れなどが起こる可能性が高まり、早い段階でのメンテナンスが必要となります。近年では、長持ち・丈夫な素材の畳や障子、建具も増えてきています。デザイン性だけではなく、住み始めてからの使い勝手や機能性にも配慮した素材選びが大切になるでしょう。

 

 

 

 

まとめ

日本の伝統とモダンの良さを融合した魅力的な和モダン住宅。

和のアレンジを加えることで、日本の味わいを楽しみつつ現代的な暮らしを快適にマッチさせる素晴らしいスタイルです。和モダンテイストは、洋風デザインとの相性も良く、他にはないスタイリッシュな個性を光らせるにも最適です。

せっかく、完全自由設計の注文住宅を建てるのですから、ご家族のお好みや便利なライフスタイルを詰め込んだ、新しいスタイルの住まいを設計してみましょう。

 

 

 

茨城でおしゃれな和モダン住宅を建てるなら不二建設にお任せください

県南で3,000棟の施工実績のある当社は、総勢12名の設計士が、あなたの要望を形にする「完全自由設計」の家づくりをしています。こだわりの家づくりを予算に応じて最適なコスト配分できる詳細見積を提示。高気密・高断熱・ソーラーパネルなどの省エネ設備でランニングコストも安くする「高性能住宅」で、世代を超えて快適な理想の暮らしを実現します。理想の住まいをイメージをしていただきやすいように、龍ケ崎、つくば、守谷にモデルハウス、ショールームをご用意しています。専任の設計士が、お話を伺いながら最適なプランご提案します。ぜひお気軽にお越しください。

 

Showroom龍ケ崎ショールーム「マイホーム発見館」

名 称:龍ケ崎営業所
所在地:茨城県龍ケ崎若柴町2240-797
連絡先:0297-60-2311
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model Houseつくばモデルハウス

名 称:つくば営業所
所在地:茨城県つくば市研究学園6丁目51-1つくばハウジングパーク内
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model House守谷モデルハウス

名 称:守谷モデルハウス
所在地:茨城県守谷市本町241-1総合住宅展示場 守谷住宅公園内
連絡先:0297-47-0300
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

つくば梅園営業所

名 称:つくば梅園営業所|注文住宅の設計事務所
所在地:茨城県つくば市梅園2丁目1−17
連絡先:029-879-8333
定休日:水・木

モデルハウス、ショールームのご予約はこちらから。
ちらから。