新築リビングにつくる家事楽×おしゃれな収納アイデア|インテリアに馴染むデザイン仕上げの収納実例集【茨城】

モダンデザインがおしゃれなリビング空間~収納は目立たせずスッキリと仕上げる

開放的にゆったりとくつろげるおしゃれな場所リビング。

ご家族が集まるリビング空間は、いつもきれいで快適な状態にしておきたいものです。しかし、現実はご家族みんなが思い思いに過ごす、また時にはお客様をお通しすることもあるリビングだからこそ、あちらこちらから物が集まり、なかなか片付かないというお悩みが尽きないのも事実です。

そこで今回は、おしゃれな新築リビングの居心地やデザイン性を損ねない、片付けやすくまた掃除にも便利な「リビング収納」をつくるコツやおすすめの収納実例、アイデアをご紹介します。

リビングの広さやレイアウトに適した収納術の解説もご用意していますので、ぜひこだわりの家づくりの参考にしてみてくださいね。

 

コラムのポイント
  • おしゃれで片付けに困らない快適なリビング収納のコツが分かります。
  • 「隠す収納」「見せる収納」の実例やアイデアが見られます。
  • LDKのレイアウトやリビングの広さに合う収納術を公開しています。

 

 

1.おしゃれなリビング収納は家事楽にも貢献できる

ロフトやスキップフロアはリビング収納にも便利な間取り

ご家族が自然と集まるリビングだからこそ、日常的にご家族が使うものを収納する場所としても適しているのです。

例えば、テレビをよく見るご家族が使うものはテレビ機器周辺に収納して、主にキッチンに立つご家族の家事や仕事にまつわる書類や文房具はキッチン側に集約させるなど、わざわざ重い腰を上げて、あちらこちらへ用事をしに行かなくても済むように、リビング収納の配置やデザインに工夫するとよいでしょう。

住まいの中心となるリビング空間にある収納スペースであれば、ソファに居座りがちなご家族でも、またお子様でも目に見える範囲なので、進んで動きやすくなるのではないでしょうか。

 

 

細かく部屋を分ける代わりに広く開放的なLDKの間取りも注目を集めています。リビングの広さや収納づくりに役立つ参考コラムですので、ぜひチェックしてみてください。↓

 

 

 

2.【実例】インテリアのようにおしゃれで便利なリビング収納

見せる収納はテイストを揃えておしゃれに飾るのがポイント

まずは、実際に真似してみたくなる、おしゃれで使い勝手のいい新築リビングの収納実例を見てみましょう。

 

 

 

①リビング学習にも役立つ作業空間兼収納スペース

2~3畳のミニ書斎は収納にも役立つ~リビング横のデッドスペースを有効活用

キッチンパントリー裏のリビング脇には、隠れ家のようなニッチスタイルのミニ書斎兼収納スペースです。

家事やリモートのデスクワークはもちろん作業に関連するPCや電子機器、書類などを安全に保管することができます。

見た目もおしゃれな空間なので、オープンなままで使い勝手もいい便利なスペースになりました。

 

 

 

②片付け・取り出しがスムーズなリビング横ファミリークローゼット

リビング横のファミリークローゼットは収納にも身支度にも便利

リビング脇に2~3畳の小上がり和室がつくれるほどのスペースがあれば、着替えに便利なファミリークローゼットをつくるのもおすすめです。

開閉に幅をとらない引き戸の設置で、リビングの広さを邪魔しないスマート設計の空間活用実例です。

家族の行き来が多いリビングだからこそ、各自で「片付け」や「取り出し」が自然とできる収納スタイルが完成します。

 

 

 

③掃除道具のサイズ・形に合わせた収納機能

スキップフロアの段差を活かした収納は大容量で便利~必要な時に片付け・取り出しがすぐできる設計

リビング階段の下や小上がり段差などのデッドスペースを活用した収納もおすすめです。

扉付きの「隠す収納」なら、形や大きさが不揃いな掃除道具や日用品のストックなどをまとめて収納することができます。

お子様も使える場所に収納を配置すれば、散らかりがちなおもちゃの片付けも自主的に進めてくれるかもしれませんね。

 

 

リビングに収納をつくるなら、収納スペースの中にミニ書斎を設けるアイデアも人気です。ちょっとしたスペースを有効活用する使い勝手のいい書斎づくりのコラムはこちらを参考にしてみてください。↓

 

 

 

 

 

3.快適なリビングに仕上げる収納活用術3ポイント

リビングには場所を取らない壁面収納やニッチがあるとおしゃれで便利

ご家族誰もが癒される、開放的でおしゃれなリビング空間を保つためには、機能的でデザイン性にも優れた「収納」スタイルの確立が大切です。

「すっきり隠せる」「おしゃれな見栄え」「家事楽・家事シェア」といった3つの収納ポイントを押さえて、より活用度の高いリビング収納を検討してみてください。

 

 

 

①散らからないスッキリ収納棚

小さなお子様のおもちゃや小学校に上がったお子様のリビング学習用品など、親の声掛けや片付けの甲斐なく、気付けば散らかり放題になっているような物は、取り出し・片付けの距離が近く、工程も少ない「隠せる」リビング収納がおすすめです。

主体的な片付け習慣にも期待して「自分のものをしまう場所」を確定しておくとよいでしょう。

日常的な取り出しが多い物にはオープン収納が便利ですが、生活感が出過ぎてしまうグッズを収納する

場合には、仮に急いで詰め込んでも扉1つで「隠せる」収納があると急な来客時にも対応しやすくなります。

 

 

 

②モデルルームのような見せる壁面収納

読書が趣味、本や雑貨が多いご家庭には、おしゃれに飾りながら収納できる大容量の壁面収納がおすすめです。

おしゃれなインテリアにもなるディスプレイ収納なら、常にキレイな状態を意識しやすくなりますし、圧迫感がなく、取り出し・片付けが楽なのも魅力的です。

モデルハウスやブックカフェのような高級感・特別感をリビングで楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

③掃除道具は家事動線・家事シェアを意識

汚れが気になった時やものをこぼしてしまった時に、必要なお掃除グッズがすぐに取り出せると便利ですよね。

ご家族が集まるリビングだからこそ、掃除の頻度も自然と増えてしまいがちです。そのため、持ち運びも大変な掃除道具こそリビングに収納してあると便利なのです。

例えば、形や大きさの異なる掃除道具は、近年人気のリビング階段下に収納すると効率的です。リビングを出なくても取り出し・片付けが完了する最短家事動線の確保、ご家族の誰もが収納場所・中身を把握できるシステムで家事楽家事シェアにつながります。

 

 

リビングには、リビングでの過ごし方を考えた収納をつくるように、玄関にも玄関ならではのお悩みを解消する便利な収納がおすすめです。おしゃれで機能的な土間収納のある間取りが気になる方はこちらのコラムもチェックしてみてください。↓

 

 

 

4.リビングは何畳がいい?広さ別収納アイデア

リビング空間のテイストに合わせた造作収納は新築ならでは~スッキリと片付く収納設計

快適なリビング空間を確保するために、リビングの間取りや広さに合わせて、収納配置や収納家具を検討することが大切です。LDK全体の居住スペースと収納のバランスをとるためのコツを簡単にご紹介しましょう。

 

 

 

①10~12畳LDKのリビング収納

親子3人家族を想定した広さのLDKが目安で、リビング単独で約6畳のスペースとなります。

物が見える面を増やしてしまうと窮屈な印象の空間になってしまうので、必要な物だけを「見せる収納」にして、その他はすっきりと「隠す収納」に回すとよいでしょう。

また、リビングの奥や窓際に収納家具を置く場合には、視覚的な広がりを邪魔しない背の低い家具を選ぶようにしましょう。

 

 

 

②14~16畳LDKのリビング収納

ご家族の人数にもよりますが、10~12畳のLDKよりも広さに余裕があるため、壁1面を使った「壁面収納」を採用するのもよいでしょう。

壁面収納導入のポイントとしては、暗い色よりも明るい色の収納棚を選ぶことで、空間の圧迫感を減らせるという点です。また、ボックスを使った収納スタイルで「見せる収納」以外にも小物を「隠して収納」することができるのも嬉しいポイントです。

 

 

 

③18~20畳LDKのリビング収納

広さに余裕があるリビング空間になると、収納家具やキャビネットといった収納インテリアを大胆に配置しやすくなります。

一方で、コーディネートのバランスが崩れてしまうと、ごちゃごちゃとした印象の空間になってしまうので、動線の確保と視覚的な広がりに意識を向けてメリハリのある配置を心がけましょう。

 

 

 

 

 

5.まとめ~家事楽×おしゃれな新築リビング収納がおすすめ

今回は、おしゃれで機能的なリビング収納の実例をはじめ、効率的な動線確保や片付けやすいデザインづくりに焦点をあててご紹介してきました。

いつまでも新築の「きれい」や「おしゃれ」を守るためには、ご家族のライフスタイルに合った収納デザインが決め手になってきます。

リビングにおける便利な収納場所や見え方、使い勝手に注目して、ご家族みんなが使うリビングならではのメリットを活かしたスタイルをぜひ、新築設計時からご家族みんなで検討してみてくださいね。

 

 

茨城でおしゃれなリビング収納のある注文住宅を建てるなら不二建設にお任せください

県南で3,000棟の施工実績のある当社は、総勢12名の設計士が、あなたの要望を形にする「完全自由設計」の家づくりをしています。こだわりの家づくりを予算に応じて最適なコスト配分できる詳細見積を提示。高気密・高断熱・ソーラーパネルなどの省エネ設備でランニングコストも安くする「高性能住宅」で、世代を超えて快適な理想の暮らしを実現します。理想の住まいをイメージをしていただきやすいように、龍ケ崎、つくば、守谷にモデルハウス、ショールームをご用意しています。専任の設計士が、お話を伺いながら最適なプランご提案します。ぜひお気軽にお越しください。

Showroom龍ケ崎ショールーム「マイホーム発見館」

画像をクリックするとGalleryが開きます
名 称:龍ケ崎営業所
所在地:茨城県龍ケ崎若柴町2240-797
連絡先:0297-60-2311
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model Houseつくばモデルハウス

画像をクリックするとGalleryが開きます
名 称:つくば営業所
所在地:茨城県つくば市研究学園6丁目51-1つくばハウジングパーク内
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model House守谷モデルハウス

画像をクリックするとGalleryが開きます
名 称:守谷モデルハウス
所在地:茨城県守谷市本町241-1総合住宅展示場 守谷住宅公園内
連絡先:0297-47-0300
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Modelroom龍ケ崎モデルルーム(リノベマンション)

画像をクリックするとGalleryが開きます
名 称:龍ケ崎モデルルーム
所在地:茨城県龍ケ崎市若柴町2993-1
連絡先:0297-65-5205
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから
モデルハウス、ショールームのご予約はこちらから。