新築キッチンをつくるなら背面収納でスッキリおしゃれに!【実例付き】背面収納のメリット・デメリットは?

ウッディな収納棚がおしゃれなキッチンスペース~充実の背面収納

新築キッチンをつくる際に気になる「収納」をどこにどのように設けるか?

近年、定番となりつつあるアイランドキッチンやペニンシュラキッチンのような対面式のキッチンを選ぶなら、背面収納のデザインや収納力が重要となります。

せっかく、おしゃれな対面キッチンをつくるのなら、リビングダイニングからも見える背面収納にも工夫を凝らしたいですよね。

今回はそんなデザイン性にも機能性にも優れた背面収納のあるキッチンの実例と収納をつくる上で大切な動線、使い勝手に注目します。

背面収納のメリット・デメリットと対策も紹介しておりますので、ぜひ快適な新築づくりの参考にしてみてください。

 

 

 

1.キッチンの背面収納とは

ペニンシュラキッチン 開放感たっぷりな分収納スペースを確保して常に清潔な空間を保ちます

 

 

キッチンの収納を考える上で重要な、シンクやコンロでの調理作業中に背中を向ける位置にある「背面収納」。

ここでは、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンのような対面式オープンキッチン壁面収納が内向きで向かい合うカタチのキッチン空間についてお話します。

おしゃれな見た目で充実の収納力、さらに使い勝手にも優れた背面収納をつくるにはどのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか?

 

 

 

 

2.おしゃれで機能的なキッチンをつくるなら収納が重要!

女性設計士がおしゃれで使い勝手の良い間取りをテーマに設計~スッキリとしたアイランドキッチンと背面収納

毎日使うキッチンにはどのような機能を求めますか?

キッチンには、食材をはじめストック食材や調理器具、食器、調理家電、洗剤、消耗品など、サイズや使う頻度も異なるグッズが数多く収納されています。

使いたい時に取り出しやすく、片付けもしやすい機能的なキッチン収納があれば日々の家事が格段に快適になることでしょう。

まずは、機能的なキッチン収納をつくる基本ポイントを紹介します。

 

 

①ジャンル別に分けて上手にストック管理

収納を考える上でまず大切なのは、キッチンに収納したいグッズのジャンル分けです。

 

・食材【冷蔵庫に入れる食材や日持ちのするストック食材、調味料など】

・食器【日常よく使うものから来客時、季節ごとに使う食器】

・調理器具【鍋やフライパン、キッチンツールなど】

・消耗品【洗剤やキッチンペーパー、ラップ、ビニール袋などの】

・製菓グッズ【パンやお菓子作りで使うグッズの他、お弁当グッズなど】

 

このように、大きくジャンル別に仕分けすることで、使っているものと使わないものを1度整理してみましょう。

 

 

②ベストな配置ですぐ手が届く

収納したいモノを整理したら、次は収納すべき場所を考えます。

使う頻度や使う場所に合わせて、取り出しやすい場所や作業に近い場所を選びましょう。

例えば、鍋やフライパンはコンロ下に、包丁やまな板はシンク下に、調理中によく使うキッチンペーパーなどの消耗品は、作業中でも手の届く背面収納にセットしておくとよいでしょう。

 

 

③動線が見える収納で家事楽!

キッチングッズの収納場所を固定で決めておくと「モノの増え過ぎ」や「ストックのため過ぎ」防止に役立ちます。

また、よく使うキッチンツールやグッズを作業動線に合わせて、おしゃれに見せる収納を活用することで、一目で必要なモノを見付けやすく家族の誰もが扱いやすいキッチンになります。

 

 

④引き戸か開き戸か?

収納扉の仕様によっても、キッチンの使い勝手や収納のしやすさが変わってきます。

背面収納の場合、調理中の広いキッチン空間確保や食器のスムーズな取り出しを優先するなら、スッキリとしたデザインの引き戸がおすすめです。

一方で、開き戸は1度で全開にできるので、沢山の食器をまとめて出し入れする時や掃除の時に助かるメリットがあります。

 

 

 

 

3.キッチンの収納はパントリー・背面収納どっちがいい?

スッキリとしたペニンシュラキッチンを叶えるのは背面収納とパントリーがあるからこそ

近年の新築において、特に人気のキッチン収納には、コンロ・シンク下のフロアキャビネットをはじめ、収納力に優れたパントリーや調理作業に便利な背面収納があります。シンクの裏面(ダイニング側)の収納を背面収納と呼ぶこともありますが、ここでは「実例写真」のようなキッチン空間の壁面にある収納スペースに関するお話です。

それでは、注目のパントリーと背面収納、この2タイプの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

 

 

①家事効率・収納力が魅力~パントリー

キッチンの背面に収納+パントリーのある便利なキッチン間取り

「キッチンにごちゃごちゃとモノを置きたくない」「家族が多く、その分ストックも多い」「リビングやダイニングから生活感あふれるキッチンが丸見えなのはちょっと…」というご家庭には、収納力に優れたパントリーの設置がおすすめです。

かと言って、背面収納が全くないのは日々の家事において不便なので、調理に必要な調理家電や食器がすぐに使える最低限の背面収納+パントリーがよいでしょう。

 

【関連コラム】キッチンパントリーのある暮らし|茨城で回遊性の高い家づくり

 

 

 

 

 

②家事楽・デザイン性に優れた~背面収納

おしゃれなカフェのような楽しいキッチン空間~魅せる背面収納とパントリーのあるキッチン

キッチンの壁面を利用した背面収納には、配膳にも便利なカウンターや食器棚、吊り戸棚などのタイプがあります。

近年では、これらを使い勝手や好みに合わせて組み合わせる造作棚の導入も人気です。

背面収納では「見せる収納」と「隠す収納」をしっかりと分けることが、キッチンをスッキリとおしゃれに魅せる秘訣です。

 

 

 

4.背面収納のあるキッチンデザイン【実例紹介】

それでは実際に、マネしたいおしゃれな背面収納デザインとその機能性を紹介しましょう。

 

 

①海外デザインのカフェ風キッチン

造作感のある魅せる収納がおしゃれな背面収納のあるキッチン

LDKのビンテージ感にこだわったスタイリッシュな住まいです。

雑貨のように並べられた調理家電やストック食材が大胆でもおしゃれな見せる収納を叶えています。収納が見えるので使い勝手もバツグンです。

 

 

 

②自然素材で叶える無垢扉のキッチン

ナチュラルな雰囲気の杉材を腰壁に張りることでフロアキャビネットや側面収納との調和を保っています。

吊り戸棚とカウンタータイプの収納を組み合わせることで、食器の取り出しや配膳などのちょっとした作業にも便利です。背面には珪藻土で仕上げたアクセントウォールとしてすっきりした印象にしています。

 

 

 

 

③無機質でかっこいい大人デザインのキッチン

高級感のある大人モダンなキッチン~引き戸のある背面収納棚

高級感のあるスタイリッシュなキッチン空間。

背面の壁面収納を天井まで活用した収納力も使い勝手も魅力的な背面収納です。透かしタイプの引き戸で、調理家電やストック食材、食器までまとめて収納、スッキリと清潔な調理台・ダイニングテーブルを保ちやすくなります。

 

 

 

 

 

5.背面収納のあるキッチンを選ぶメリット・デメリット

背面収納と便利なカウンターのあるL字キッチン~広い回遊性のあるキッチン空間

最後にキッチンに背面収納をつくるメリット・デメリットと対策をまとめておきましょう。

 

 

①メリット

・振り返るだけの最短移動で調理作業や片付けが進められる

・限られた間取りの中で壁面を利用したまとまりあるキッチン空間がつくれる

・シンプルな構成で間取り設計がしやすい

・大型タイプの壁面収納から吊り戸棚、カウンターなど収納の大きさやレイアウトが選べる

・隠す収納から見せる収納までおしゃれに楽しめる

 

 

②デメリットと対策

・収納扉が開き戸だと、キッチン作業に支障が出てしまう

【対策】⇒ 調理中や片付け時に扉を開け放したままでも作業の邪魔にならない「引き戸」タイプの扉の採用がおすすめです。

 

・既製品の収納棚では、好みの収納やデザインに近づかない

【対策】⇒ お好きなデザインやご家庭に合った収納量、使い勝手を叶えるためには、造作棚がおすすめです。自由設計の注文住宅でデッドスペースのないおしゃれなキッチン空間を作ってみましょう。

 

・スッキリとしたカウンターが希望、でも収納力が足りない

【対策】⇒ 背面収納にスッキリとした見た目のおしゃれなカウンターを採用したい場合、隠す収納が足りなくなってしまうことがあります。その場合、壁面を利用した見せる収納やパントリーを活用して、せっかくのカウンターの上がごちゃごちゃしてしまわないようにしましょう。

 

 

 

6.まとめ~使い勝手が良く・おしゃれなデザインの新築キッチンをつくる

一言に背面収納と言っても、収納棚のスタイルやレイアウト、デザインによってキッチンの使い勝手だけでなく、リビングダイニングからの印象も大きく変わってきます。

毎日使うキッチンですので、より効率的でわくわくするおしゃれな空間にしたいですよね。

自由設計の注文住宅で新築キッチンをつくるなら、家事動線に優れた間取り、高いデザイン性の設計アイデアをぜひマネしてみてください。

 

 

 

茨城でロフトのある平屋を建てるなら不二建設にお任せください

県南で3,000棟の施工実績のある当社は、総勢12名の設計士が、あなたの要望を形にする「完全自由設計」の家づくりをしています。こだわりの家づくりを予算に応じて最適なコスト配分できる詳細見積を提示。高気密・高断熱・ソーラーパネルなどの省エネ設備でランニングコストも安くする「高性能住宅」で、世代を超えて快適な理想の暮らしを実現します。理想の住まいをイメージをしていただきやすいように、龍ケ崎、つくば、守谷にモデルハウス、ショールームをご用意しています。専任の設計士が、お話を伺いながら最適なプランご提案します。ぜひお気軽にお越しください。

 

 

Showroom
本社ショールーム
「マイホーム発見館」

画像をクリックするとGalleryが開きます

名 称:龍ケ崎営業所
所在地:茨城県龍ケ崎若柴町2240-797
連絡先:0297-60-2311
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

 

Model House
つくばモデルハウス

名 称:つくば営業所
所在地:茨城県つくば市研究学園6丁目51-1
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

画像をクリックするとGalleryが開きます

Model House
守谷モデルハウス

画像をクリックするとGalleryが開きます

名 称:守谷モデルハウス
所在地:茨城県守谷市本町241-1
連絡先:0297-47-0300
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Modelroom
龍ケ崎モデルルーム
(リノベマンション)

名 称:龍ケ崎モデルルーム
所在地:茨城県龍ケ崎市若柴町2993-1
連絡先:0297-65-5205
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

画像をクリックするとGalleryが開きます


モデルハウス、ショールームのご予約はこちらから。