いいとこどり「完全分離型」二世帯住宅の間取りポイントとは|自由で便利な二世帯住宅はどこに頼む?【茨城】

大屋根がおしゃれな二世帯住宅ならではの邸宅感が魅力的

将来の親との同居や共働きで子育ての手助けを受ける暮らしを考えた時に、思い浮かぶ理想的な二世帯住宅。

うまくいけば、双方にとってもメリットの多い二世帯住宅ですが、親子世帯それぞれの希望やライフスタイルを照らし合わせてみると、大きく異なる場合が多く、結果として「完全分離型」の二世帯住宅を選びたいと考えるご家族が多いようです。

今回は、そんな二世帯住宅のメリットとデメリットを見比べて、いいとこどりな完全分離型二世帯住宅づくりのポイントをご紹介していきます。

どんな世帯にも好かれるおしゃれな外観、プライバシーが守られ、安心して集まれる空間が楽しい間取り実例とご家族に合った住宅会社選びのコツもございますので、ぜひ快適な新築二世帯住宅づくりの参考にしてみてくださいね。

 

コラムのポイント
  • 二世帯住宅に住んでから分かるメリット・デメリットを知ることできます。
  • 二世帯住宅のいいとこどりを叶えた間取り実例を見ることができます。
  • 完全分離型間取りにおすすめの共有スペースや建築費用の相場をチェックできます。

 

 

 

1.おしゃれな二世帯住宅を建てるなら注文住宅がおすすめ

二世帯の希望やお互いのライフスタイルを尊重した間取りを実現させる新築注文住宅

同じ土地、同じ屋根の下で親世帯と子世帯が一緒に暮らす二世帯住宅は、お互いに助かることが多い一方で、ご家族の人数も世代も異なるため意外な落とし穴に気付けず、大変な思いをしてしまうケースもあります。

二世帯住宅を建てるなら「育児や介護の協力」「会いたい時にすぐ会える」といったメリットが実現・継続できる関係であるために、お互いのライフスタイルを尊重して干渉し過ぎない距離感を保つことが大切です。

親・子世帯の良好な関係が守られる二世帯住宅を建てるためには、ご家族の希望が間取りに反映される自由設計の注文住宅がおすすめです。

 

 

 

①自由な間取りでプライバシーを確保

二世帯住宅には、大きく分けて「同居型」と「共有型」そして「完全分離型」といった間取りタイプがあります。

実際に二世帯住宅で暮らすご家族や現在、二世帯住宅を考えているご家族の中でも、ライフスタイルの違いやプライバシーの保護などを目的として、お互いの暮らしを中心とした間取りを完全に分ける「完全分離型」二世帯住宅の人気が高まっています。

お互いが自由に間取りを設計できるというメリットを活かせば、お互いを干渉する理由もなくなるかもしれません。

 

 

 

②固定料金・水道光熱費の支払い設計が安心

完全分離型の二世帯住宅なら、よくある水道光熱費の共有分にかかる支払問題に関しても安心です。

単純にそれぞれの住まいにおける水道光熱費の支払いを別々にすることができるので、折半の割合で問題が起こることもないでしょう。

ただし、初期費用や引き込み工事、基本料金なども二世帯分必要になるので、事前の話し合いが必要です。

 

 

 

③将来のプラン変更にも対応しやすい

将来的にどちらかの生活空間が空くことになった場合、大幅な費用をかけずに売却や賃貸に出せるのが完全分離型二世帯住宅のメリットです。

将来もし、どちらか片方を売却・賃貸に出す予定がある場合は「上下分離型」の二世帯住宅よりも「左右分離型」二世帯住宅設計の方がおすすめです。

いずれにせよ、ライフステージの変更に合わせて間取りを変える、売る、貸す場合にも完全分離型が便利です。

 

 

 

玄関アプローチをはじめ外構づくりは、住まいである建物のスタイルによってデザインすることが大切です。建物のスタイルが大きく変わる平屋・2階建て・3階建てのおしゃれな建築実例はこちらのコラムを参考にしてみてください。↓

 

 

 

2.二世帯住宅でよくある「疑問や不安」解消ポイント

ナチュラルで上品な二世帯住宅~幅広い世代から好まれるデザインの外観

次に、二世帯住宅を建てる際に起こる不安や完全分離型二世帯住宅に対する疑問など「間取り」や「建築費用」、「外観デザイン」といった3つのポイントに分けて、おすすめの解消アイデアをご紹介していきましょう。

 

 

 

①間取りに制限が出る⇒「完全分離型が安心」

先ほども少し触れましたが「同居型」や「共有型」二世帯住宅の場合、親・子世帯が共有して使うスペースが多くなる分、お互いに譲れない広さや使い勝手などが問題となって、間取りづくりに支障や制限が出る場合があります。

お互いのライフスタイルへのこだわりや快適性を優先するなら、それぞれが自由に間取りを決められる完全分離型二世帯住宅がおすすめです。

 

 

 

②建築費用が高額⇒「税金の軽減措置を利用」

平均建築費が約3,200万円(土地代を除く)の「同居型」や平均建築費約3,700万円(土地代を除く)の「共有型」に比べて、平均建築費約4,010万円(土地代を除く)の「完全分離型二世帯住宅」は、建築費用が比較的高額で心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし「構造上の独立性」や「利用上の独立性」を満たした二世帯住宅の場合は、一戸建て住宅と同様に二戸分の不動産取得税や固定資産税などの軽減措置を受けることができます。

各世帯専用の玄関やキッチン、トイレ、廊下など、生活圏の独立が認められる必要があるため、各地方自治体が提示している要件を事前に確認しておくことが大切です。

 

 

 

③外観デザインの好みが合わない⇒「多彩な実例がある会社選び」

二世帯住宅でよくあるお悩みの1つに外観デザインの好みが合わず、お互いあるいはどちらかが妥協せざるを得ないという問題が挙げられます。

いくら間取りを完全分離型にしたとしても、外観デザインまで大きく変えてしまえば、ちぐはぐな住まいになってしまいますよね。せっかく二世帯住宅を建てるなら、2世帯分の広さ・大きさを活かしてスタイリッシュで邸宅のような外観にしてみませんか?

親世帯も子世帯も気に入るデザインを提供できるハウスメーカーや工務店といった住宅会社選びのコツは、多彩な施工実例が豊富な会社を見付けること、その中から二世帯がイメージする外観テイストがあれば、より理想のデザインを家づくりの段階で共有しやすくなります。

 

 

 

満足のいく外観やエクステリアをつくるには、初期段階での総合的なプランニングや綿密な話し合いが大切です。

「取手市」で家づくりをはじめるなら、こちらのコラムも参考にしてみてくださいね。↓

 

 

 

 

 

 

3.【実例】いいとこどり間取りで、満足なスタイリッシュ二世帯住宅

スタイリッシュモダンな外観が目をひく3階建ての上下分離型二世帯住宅

それでは、実際に満足な暮らしを手に入れたご家族の新築二世帯住宅実例を見ていきましょう。

 

 

 

①生活音が気にならない約30坪の左右分離型

二世帯の生活圏を建物ごと左右に分離した完全分離型二世帯住宅

お互いの暮らしやプライバシーを尊重する、左右分離タイプの完全分離型二世帯住宅の外観実例です。

中庭や廊下を渡って、お互いの居住スペースに行き来できる便利な間取り設計となっています。

 

 

 

②ビルトインガレージがカッコイイ3階建て

便利がスタイリッシュなビルトインガレージがある住まい~上下分離型二世帯住宅

1階にビルトインガレージ、2階と3階が二世帯の居住スペースとなった上下分離型二世帯住宅の実例です。

スタイリッシュな外観で「欲しい」便利な間取りも手に入れた土地活用にも有効なスマートハウスが完成しました。

 

 

 

③こだわり共有スペースも二世帯住宅の魅力

二世帯が広々と開放的に集まれる明るい和モダンリビング

ライフスタイルを完全に分ける完全分離型の二世帯住宅だからこそ、二世帯が気軽に集える快適な空間が必要です。

子世帯にも親世帯にも人気の「和モダン」空間なら、どちらかが妥協することもなく心地よく過ごせそうです。

 

 

この他にもおすすめの「共有スペース」を実例でご紹介しましょう。↓

 

a. 高級感のある玄関スペース

玄関共有型二世帯住宅の優雅な玄関フロアの間取り

玄関のみ共有タイプの二世帯住宅になりますが、共有スペースだからこそ確保できる贅沢な広さで開放的な「玄関フロア」の実例です。

 

 

 

b. ご家族だけのプライベートガーデン

プライベートに楽しめる屋上テラスのある家~3階建て上下分離型二世帯住宅

上下分離型二世帯住宅の屋上にテラスをつくって、ご家族だけの「プライベートガーデン」を確保した実例です。

 

 

 

c. 行き来も快適~通路兼くつろぎスペース

完全分離でも安心の団欒スペース~中庭やバルコニーがあればお互いの行き来もスムーズ

二世帯を行き来する庭に「テラス」を設けて、快適な通路としても憩いの場としても使えるおしゃれで便利な空間に仕上げました。

テラスでくつろぐご家族の様子が見えたり、お子様を安心して遊ばせたりするのにもおすすめのスペースで、高級感のある洋風外構づくりにも一役買っているデザインです。

 

 

 

新築・セカンドハウスをご検討中のご家族に人気の「土浦市」の住環境情報コラムです。

二世帯住宅のやってよかった間取り実例もぜひ参考にしてみてください。↓

 

 

 

4.完全分離型二世帯住宅の建築相場は?

前後で生活圏を分けた二世帯住宅

先ほど平均建築費用をご紹介した通り、完全分離型二世帯住宅の建築費用相場は約3,000~5,400万円となります。

これは、二世帯住宅の坪単価相場を約60~80万円(建築工法により異なる)として、同居タイプで約45~53坪・共有タイプで約49~57坪・完全分離タイプで約50~67坪の新築が選ばれている傾向です。

 

 

 

 

 

 

5.まとめ~二世帯住宅のメリット・デメリットを総合的にデザインできる会社選びが大切

親世帯と子世帯では、家事や育児、仕事といったライフスタイルも休日や趣味に使う時間も大きく異なる場合がほとんどです。

たとえ二世帯住宅であっても、お互いの優先順位や暮らしを大切にして、お互いの生活を尊重するための完全分離型間取りを検討することは、二世帯の将来にとっても大切なことかもしれません。

二世帯のメリットとデメリットを整理して、いいとこどりをする「完全分離型」の新築二世帯住宅で、いつまでも快適な安心の暮らしを実現させてください。

 

 

茨城の注文住宅で納得の二世帯住宅を建てるなら不二建設にお任せください

県南で3,000棟の施工実績のある当社は、総勢12名の設計士が、あなたの要望を形にする「完全自由設計」の家づくりをしています。こだわりの家づくりを予算に応じて最適なコスト配分できる詳細見積を提示。高気密・高断熱・ソーラーパネルなどの省エネ設備でランニングコストも安くする「高性能住宅」で、世代を超えて快適な理想の暮らしを実現します。理想の住まいをイメージをしていただきやすいように、龍ケ崎、つくば、守谷にモデルハウス、ショールームをご用意しています。専任の設計士が、お話を伺いながら最適なプランご提案します。ぜひお気軽にお越しください。

Showroom龍ケ崎ショールーム「マイホーム発見館」

名 称:龍ケ崎営業所
所在地:茨城県龍ケ崎若柴町2240-797
連絡先:0297-60-2311
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model Houseつくばモデルハウス

名 称:つくば営業所
所在地:茨城県つくば市研究学園6丁目51-1つくばハウジングパーク内
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model House守谷モデルハウス

名 称:守谷モデルハウス
所在地:茨城県守谷市本町241-1総合住宅展示場 守谷住宅公園内
連絡先:0297-47-0300
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

つくば梅園営業所

名 称:つくば梅園営業所|注文住宅の設計事務所
所在地:茨城県つくば市梅園2丁目1−17
連絡先:029-879-8333
定休日:水・木

モデルハウス、ショールームのご予約はこちらから。