吹き抜けって寒いの?「後悔」する理由を知って「対策」を立てよう!

阿見町:リビングからロフトに向けて伸びる明るい吹き抜け

阿見町:リビングからロフトに向けて伸びる明るい吹き抜け

「吹き抜けのある家」、憧れますよね。
2階の窓から差し込む光が階下に下りてきて、リビングやダイニングを明るく照らす様はドラマティックです。
一方で、新築を検討するとき「吹き抜け」と検索すると、必ず「寒い」というキーワードが目に飛び込んできます。

本記事では、吹き抜けは本当に寒いのか?吹き抜けにして寒さを感じる場合の対策はないのか?
こういった視点で吹き抜けについて解説します。

おしゃれな吹き抜けの空間と暖かな環境、どちらも欲張って手に入れましょう。

後悔:家全体が寒い

吹き抜けにすることで「家全体が寒い」と後悔に感じるかもしれません。

暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下に降りてくる、空気にはそんな性質があります。
また、吹き抜けを設けることで暖めたい空気の体積が増えるので、暖房器具を使用しても空気が暖まりづらいことも。

結果として、生活空間の温度が低いままになり、家全体が寒いと後悔を感じてしまいます。

対策:断熱性能を上げる

なんといっても基本は「断熱性能を上げる」こと。

住宅の壁の中には断熱材が充填されていて、外の冷たい空気と中の暖かい空気を隔てる役割を持っています。
断熱性能が高ければ、温度を遮断する性能が上がり、室内の空気が冷えにくくなります。

断熱材の性能を上げる、断熱材の厚みを増すことで断熱性能を上げられます。

対策:窓の性能を上げる

取手市:大きな2枚の窓から景色を取り込む吹き抜け

取手市:大きな2枚の窓から景色を取り込む吹き抜け

壁に続いて「窓の性能を上げる」のも効果的。

壁より窓から、冷気は侵入します。
窓の断熱性能を上げたり、気密性能の高い種類の窓を用いることで、壁と同様に冷気の侵入を防ぐことが可能です。当社では、オール樹脂サッシを推奨しています。

対策:熱交換換気システムを導入する

「熱交換換気システムを導入」も検討しておきたいもの。

家の換気には、新鮮な空気をそのまま入れる「第3種換気」と室内の熱を再度室内に戻す(熱交換する)「第1種換気」があります。

大きな空間をつくる場合、室内の熱がなるべく逃げない様にする対策として熱交換換気システムの導入がおススメです。
ただし、熱交換換気システムは3種と比べて導入コスト、メンテナンスコストが増えることも考慮しましょう。

後悔:暖かい場所と寒い場所の混在

建物の中に「暖かい場所と寒い場所」が混在することも後悔の原因になります。

リビングは暖かいのに、トイレに行くと足元が冷えてしまっている。
こういった寒暖差がストレスや後悔につながります。

リビングを暖かくしていて、お風呂や脱衣所が冷たい場合はヒートショック現象が発生する恐れもあります。
急激な温度変化が体調の悪化を招くヒートショック現象。ぜひ対策を取りたいものです。

対策:ひとつの空間を大きく取る

取手市:リビング上部に取った大きな吹き抜け空間

取手市:リビング上部に取った大きな吹き抜け空間

寒暖差を感じずに暮らすためには「ひとつの空間を大きめに取る」ことをおすすめします。

たとえば、キッチン・リビング・ダイニング・和室と部屋を分割してしまうと、使用していない部屋に暖気が行き渡りません。
仕切りをなくして、暖かい空気を吹き抜け空間の各所に届くように意識して間取りを作りましょう。

対策:建具・ロールカーテンで仕切りを設置する

一方で、家の中には普段全く入らない場所があります。
たとえば納戸、使用していない子供室や和室といった部屋です。

こういった部屋を暖めると暖房効率が悪くなってしまうので、閉め切れるようにしておくと、部屋を効率的に温め、電気代の節約にもつながるでしょう。

季節によっては開放したい、または換気したいときに対応できるよう「引き戸などの建具・ロールカーテン」など、開けたままにしても邪魔にならない仕切りを使うと、様々な温熱環境に対応できるでしょう。

対策:脱衣所には暖房器具を設置する

普段は使わず、締め切っている場所のひとつが脱衣所です。
リビングダイニングから距離もあるので、普段過ごす部屋の暖気を送るのも非効率です。

「脱衣所には専用のコンセントや、天井付けの暖房器具」を用いると、冬の脱衣室も快適に使用できるでしょう。

後悔:暖かい空気が上昇する

「暖かい空気が上昇」してしまい、1階と2階で寒暖差が生まれることもあります。
日常生活を過ごすはずの1階が寒く、誰もいない2階が暖かい。もったいない状況です。

対策:シーリングファンの設置

邸宅のような回廊に面した高級感ある吹き抜け

邸宅のような回廊に面した高級感ある吹き抜け

暖気を撹拌するために有効なのは「シーリングファン」です。

天井に設置されているため撹拌能力に優れていて、子供の手も届かないので安全に使用できる点もチェックです。
扇風機のように床に置く必要もないので、場所も取りません。

吹き抜けを設けるなら、設置を検討したい設備のひとつです。

対策:サーキュレーターの設置

空気の撹拌を目的とした「サーキュレーター」を設置するものおすすめです。

生み出した風は直進性に優れていて、天井が高くても暖かい空気のかたまりに届きます。
吹き抜けの暖気が上っていくのが気になる場合は、サーキュレーターを置く場所とコンセントだけでも設置してみてください。

対策:エアコンの位置を調節する

「エアコンの位置・個数を工夫する」のも手です。

通常、エアコンは下に向けて吹き出すので、高いところにある暖かい空気の撹拌には不慣れです。
エアコンを取り付ける位置を2階の吹き抜けの高い位置にしたり、2台に分けて異なる場所に設置することで空気の循環を促しましょう。
ただし、掃除ができるよう、お手入れできる高さに制限することが求められます。

後悔:暖房器具の能力不足

吹き抜けにすると、暖房器具で温める空気の体積が増えてしまうので、エアコンの暖房性能が能力不足になる恐れがあります。

対策:住宅性能に見合ったエアコンを導入する

「住宅性能に見合ったエアコンを」を検討しましょう。

エアコンの畳数表示は、無断熱住宅を前提にした表示のため、普通の部屋に畳数通りのエアコンを導入しても実はオーバースペック。

家の断熱性能(UA値等)を知り、吹抜け空間も考慮して適切な暖房設備の導入が図れます。

対策:全館空調システムを利用する

費用はかかってしまいますが「全館空調システム」の利用もおすすめ。

全館空調システムとは、ダクトを通して温かな空気を家中に送り出すシステムです。
トイレや納戸なども含めて、基本的に全ての部屋に暖気が行き渡ります。
空気の撹拌に大きな効果を発揮するでしょう。

→全館空調システムを導入したお家一覧

対策:輻射熱暖房を用いる

→薪ストーブを導入したお家一覧

ストーブなどの「輻射熱暖房」を用いるのもおすすめ。

輻射熱とは、炭火焼きのように、物体と物体が触れていなくても対象物を温められる熱の伝わり方です。
焚き火をしているとき、じんわりと暖かいイメージですね。

体が芯から温まるうえ、ストーブから発生した熱は部屋全体を温めるので、対流で温めるエアコンより快適に過ごせる可能性があります。

後悔:暖房で電気代が高い

吹き抜けを設けることで、温めたい部屋の体積が増加。
温めるための電気代が増えてしまうのもストレスに感じることが。

対策:高断熱×省エネ冷暖房設備

対策は、ここまで述べてきた家の断熱性能を引き上げたうえで、最適な冷暖房設備を導入すること。

そのどちらが疎かになっても快適な室内空間にはなりません。特に断熱性能を高めずに設備で快適性を追求すると、暖房コストの負担が大きくなる上に、大掛かりな設備のメンテナンスや交換なども、将来の負担になることを知っておくと良いと思います。

まとめ│対策を施しておしゃれ・暖かい吹き抜けを

家の性能を高めるから、大きな空間が可能になります。

家の性能を高めるから、大きな空間が可能になります。

吹き抜けを採用したときに感じやすい「寒さ」。
考えてみると、多くの対策が思い浮かびます。

永く暮らす家だから、性能や設備をしっかりこだわり、おしゃれと暖かさを両立させた家を目指しましょう。

茨城で温熱環境にもこだわった注文住宅を建てるなら不二建設にお任せください

県南で3,000棟の施工実績のある当社は、総勢12名の設計士が、あなたの要望を形にする「完全自由設計」の家づくりをしています。こだわりの家づくりを予算に応じて最適なコスト配分できる詳細見積を提示。高気密・高断熱・ソーラーパネルなどの省エネ設備でランニングコストも安くする「高性能住宅」で、世代を超えて快適な理想の暮らしを実現します。理想の住まいをイメージをしていただきやすいように、龍ケ崎、つくば、守谷にモデルハウス、ショールームをご用意しています。専任の設計士が、お話を伺いながら最適なプランご提案します。ぜひお気軽にお越しください。

Showroom龍ケ崎ショールーム「マイホーム発見館」

名 称:龍ケ崎営業所
所在地:茨城県龍ケ崎若柴町2240-797
連絡先:0297-60-2311
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model Houseつくばモデルハウス

名 称:つくば営業所
所在地:茨城県つくば市研究学園6丁目51-1つくばハウジングパーク内
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model House守谷モデルハウス

名 称:守谷モデルハウス
所在地:茨城県守谷市本町241-1総合住宅展示場 守谷住宅公園内
連絡先:0297-47-0300
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

Model House
街かどモデルハウス
みどりのモデルハウス

名 称:みどりのモデルハウス
所在地:つくば市みどりの
連絡先:029-861-1377
定休日:水・木
お問合せ・ご予約はこちらから

つくば設計室

名 称:つくば設計室|注文住宅の設計事務所
所在地:茨城県つくば市みどりの2丁目9-1ー105
連絡先:029-879-8333
定休日:水・木

モデルハウス、ショールームのご予約はこちらから。