建築デザイン、ソーラーハウス、輸入住宅、自然素材、原価公開、茨城・千葉の注文建築会社

 HOME > 不二建設の家づくり > 原価の見える家 > 原価の見える家の詳細
 COST PERORMANCE

■原価と経費を分ける理由

 原価と経費の内訳は会社によってかなり違うということ。
 例えばハウスメーカーでは利益率が4割とも5割とも言われていますが、仕入原価は数%程度の違い。つまり同じ条件の見積もりならこれらの金額の差が生まれます。しかし一式工事の見積もりでは差が見えにくいため、比較し難いという問題があります。 ここが明確になる資料(原価見積もり)で比較することで適正価格を見出すことがある程度可能になります。



カタログの半値で仕入れる

 カタログでは「これが?」といいたくなるモノが結構な金額に設定されていることがよくあります。実際には表示価格の半値で仕入れ可能なモノも多く、3割・4割※で仕入れ可能な部材もあります。
 例えばカタログを見てあきらめたり、オプションなどで不当な利益を加えても分からないまま進んでいくことも考えられます。カタログを見てであきらめないで、まずはお見積もりを依頼してみませんか?

※全てのメーカー、商品に当てはまるわけではありません。

コストコンロール

 詳細な見積もりでは資材の価格、数量が明確になるので見積もり後のチェックで増やす減らすが容易です。一方、一式見積もりではその内訳が分からないので、何を増減できるかも不明瞭になり、提示された範囲での検討となる為不満が残ります。
 本当に必要な項目を手厚く、不要なところは省くなど詳細に提示されているからこそ、お客様本位のコストコントロールが可能となります。

■施主手配

 この地域ではつくば、柏を中心に多くの建材・設備メーカーがショールームを展開しています。しかし新築に取り入れたくても建築会社の都合で断られるケースをよく聞きます。
 不二建設では、ご用意している提案部材以外にも気に入った商品を取り入れることも可能です。ショールームで詳細を確認いただき、お見積書を作成の上お越し下さい。原価と経費のお見積りを算出します。


会社概要 サイトマップ お問合せ プライバシーポリシー